虫歯について

  • TOP
  • 虫歯について

虫歯について

虫歯の初期状態

C0 – 虫歯の初期状態

エナメル質(歯の白色半透明の硬い部分)の表面が酸によって白く濁った状態、もしくは溝が茶色になった状態です。 見た目にはほとんどわかりづらい、虫歯の初期状態です。 この程度なら再石灰化が期待できますので、しっかり磨いて進行を防ぎましょう。 また、フッ素により、虫歯の進行の予防、再石灰化の期待ができますので歯科医院での相談をお勧めします。

虫歯の中期状態

C1 – 虫歯の中期状態

エナメル質内に細菌が進入して穴が空いた状態です。 ここまで進行すると、もう再石灰化はほとんど期待できません。 また、この時点では、まだ痛みを伴う自覚症状はほとんどありません。 穴の状態が小さいうちに治療しましょう。

虫歯の後期状態(初期)

C2 – 虫歯の後期状態(初期)

象牙質まで細菌が進入した状態です。 象牙質はやわらかいので、虫歯は中で大きく広がります。 大きくなると冷たい水や風がしみるようになります。 甘いものや暖かいものがしみるようになると歯髄(神経)を取る可能性が高くなります。

虫歯の後期状態(中期)

C3 – 虫歯の後期状態(中期)

歯髄まで細菌が進入した状態です。 歯髄には痛みを感じる神経が含まれているため、細菌が進入すると炎症を起こし激しい痛みを感じます。熱い食べ物や飲み物がしみてきて、ズキズキ痛み出します。これを歯髄炎といいます。

虫歯の末期状態

C4 – 虫歯の末期状態

歯の根だけが残る末期症状。歯髄炎を放置すると、その痛みはある日なくなります。それは治ったのではなく、神経が死んでしまって感じなくなっているだけなのです。さらに放置すると、根の先から歯根膜に炎症が起こり、硬いものを噛んだりすると痛みや違和感を感じるようになります。

保険診療の詰め物・被せ物について

保険診療とは

厚生労働省で保険適用材料として認めた材料や治療方法で機能回復を目的とした治療を行います。
基本的な口腔内機能の回復をすることが出来ます。

<保険診療で使用される素材>
コンポジットレジン(プラスチックの一種)
金銀パラジウム合金

保険診療で使用される大きめの詰め物(インレー)

メタルインレー(金銀パラジウム合金)

メタルインレー
▲咬み合せの面
メタルインレー
▲横からの面
メタルインレー
▲歯と歯の間の面

保険診療で使用される臼歯の被せ物(クラウン)

メタルクラウン(金銀パラジウム合金)

メタルクラウン
▲咬み合せの面
メタルクラウン
▲横からの面
メタルクラウン
▲歯と歯の間の面

保険診療で使用される前歯の差し歯(クラウン)

レジン前装冠(金銀パラジウム合金とレジン材料)

レジン前装冠
▲正面
レジン前装冠
▲裏面
レジン前装冠
▲内面

自費診療の詰め物・被せ物について

自費診療(自由診療)とは

患者さんが選択できるセラミックなどによる美しい歯、インプラントによるおいしく食べられる治療、虫歯にならない予防処置など快適な生活を送るための治療を行います。

<自費診療で使用される素材>
ポーセレン(陶材)
ジルコニア(セラミックスの一種)
ゴールド

自費診療で使用される大きめの詰め物(インレー)

ハイブリッドセラミックス(セラミックスとレジンを混ぜた素材)

ハイブリッドセラミックス
▲咬み合せの面
ハイブリッドセラミックス
▲横からの面
ハイブリッドセラミックス
▲歯と歯の間の面

セラミックス

セラミックス
▲咬み合せの面
セラミックス
▲横からの面
セラミックス
▲歯と歯の間の面

自費診療で使用される臼歯の被せ物(クラウン)

ハイブリッドセラミックス(セラミックスとレジンを混ぜた素材)

ハイブリッドセラミックス
▲横からの面
ハイブリッドセラミックス
▲咬み合せの面
ハイブリッドセラミックス
▲内面

オールセラミックス

オールセラミックス
▲横からの面
オールセラミックス
▲咬み合せの面
オールセラミックス
▲内面

正面から見た違い

レジン前装冠

レジン前装冠

先端部の透明性がない。

金属焼き付けポーセレン

金属焼き付けポーセレン

先端部の透明性がある。

オールセラミックス

オールセラミックス

先端部の透明性がある。
天然歯に近い。

前歯の差し歯(クラウン)素材の違い

レジン前装冠

レジン前装冠

金の含有量12%を含む金属をベースに表面に樹脂を貼り付けて張る。
樹脂は黄色く変色しやすい。

金属焼き付けポーセレン

金属焼き付けポーセレン

金の含有量50%を含む金属をベースに表面にポーセレンを表面に焼き付けてある。ポーセレンは変色の心配がなく見た目が良い。

オールセラミックス

オールセラミックス

光透過性のジルコニア(ダイヤモンド代用石)をベースにポーセレンを表面に焼き付けてある。自然な美しさがあり、金属アレルギーの心配が少ない。